« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005年12月25日 - 2005年12月31日

2005/12/29

ズレの弊害

一通り3次元モデリングが終わりました.
ここまでは予想通り早かったです.

Std002の配置が決定!などと言っているそばから金型デザインに変更が入っていたりするのですけれど,干渉検査中にパーツ形状そのものにちょっとした問題が発生しました.

Std.002では,厚み方向のピッチが基本ピッチ(10mm)よりも狭くて3.5mm/7mmになっているのですが,例えばStd002-01にStd002-13をはめるとStd002-01のΦ3軸とStd002-13の板が干渉してしまいます(下図の青い部品).
そこで,干渉を取り除くようにStd002-13の板を切り欠いたのが下図のピンク色のパーツで,二種類考えました.

collision_check_std002_13-a

collision_check_std002_13-b

いずれの形状でも干渉は取り除けるのですが,よくよく考えてみると同様の形状はStd002-13だけではなく,しかもStd001にもOpt001にもあるんですよね...

と,いうことで,この干渉は無視することにしました(^_^;)
戦略的撤退というところでしょうか(^^ゞ
もしこのような組み方を前提とする作例を考えた場合には,Opt版で対応するという方向で!

設計の苦悩の一端を感じていただけましたでしょうか?(^_^.)

最後にStd.002配置図の最新版を部品番号付きで載せておきます.
まるで間違い探しの問題を出している気分になってきました...
2005122901

| | コメント (0)

2005/12/28

Std002の配置が決定!

と,いうことで,こんな感じで行きたいと思います.

2005122801

実際の製品の見た目とは異なります.
実際には,各パーツは上記図面の裏側が見えるようになるハズです.

一応,配置以外についての金型設計も終わりましたので,現在は三次元モデルデータを作成中です.
Std版は基本形状の組み合わせのバリエーションなので,案外簡単にできそうです(^_^)

「胸部用部品」については当初暫定パーツと考えていましたが,このまま正式パーツとして採用させていただきました.
色々とコメントをもらっているのですが,形状についてはこのままで行かせて頂きます.
その代わりと言ってはなんですが,パーツ強度をアップさせるための形状修正と暫定パーツ(std002-tm)の点数は対応させていただきました.
胸部用部品のコンパクト化は今後の課題ということで(^^ゞ

| | コメント (0)

寒い

というのが本当の理由ではありませんけど,新作の作業が進まない...
既にベータテスターへ応募も数件頂いているんですけど,できるだけ早い時期にトライをしたいと思っています!
できれば一月中に...と,自分を追い込んでみる(-_-;)

| | コメント (0)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »