« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月24日 - 2007年6月30日

2007/06/30

Ent.001についてコメントを頂いた方へ

コメントを頂いた方にFi-Dia Block(s) Ent.001(トライ成形品)をお送りさせていただこうと思っているのですが、お送り先をお知らせ頂けませんか?

「いらないよ!」ということでしたらメールは不要ですが、もし「もらってやっても良いぞ^_^」ということでしたら、まずT-Square Lab.( t2@nippaku.co.jp )までお送り先をメールして頂き、メールを送った旨をこの記事にコメントして下さい。
この記事へのコメントには個人情報を書き込まないで下さい。
また、コメントのアクセス記録でご本人の確認をしますので、コメントの投稿は以前コメントを付けていただいたときと同じPC環境でお願いします。

それでは、よろしくお願いしますm(v_v)m

| | コメント (2)

パーツ形状をFIXしました

Fi-Dia Block(s) Ent.001のパーツ形状をFIXしました。
フレームのパーツ構成は22種32点で、1枚\500.-の予定です。
今回は、1枚で飛行形態へ完全変形するロボットを作ることができます。
ロボット形態の頭頂高は約115mmです。

Assembly0121

Assembly0418

フレームの様子や各パーツの形状や特徴、金型製作の進捗などの情報は、追って公開していきます。
ただ、機械が空くのが少し先になりそうなので、当面はデータの準備だけになりそうです。

そうそう、今回の画像と以前の画像を見比べて見て下さい。
いろいろな違いをお楽しみいただけると思います(^_^)
特に、フレームのパーツ配置をドラスティックに変えたところサイズに少し余裕が出てきましたので、パーツが増えたり大きくなったり・・・

| | コメント (0)

2007/06/26

金型設計

金型の割りを考えながら製品形状を決めているので、ことFi-Dia Block(s)にとっての金型設計は「フレーム内の配置」を決めることと同義です。

Assembly0303

つまり、これを調整していく訳です。
今のところ成形担当のA氏より「重量バランスが悪い-_-;」という指摘を受けているので、その点を配慮した配置にしなければなりません。
フレームの中でも樹脂が入りやすい場所とそうでない場所があったり、突き出しピンやサポートピラなど金型構造部品との兼ね合いも重要です。
さらに、ウエルドとかジェッティングが出ない/目立たないようなゲート位置も同時に検討します。
こうして制約条件をクリアしながらパーツの配置を替えていくというのは、パズルみたいなものですね~(^_^)

ただ、今回の場合はパーツの配置をドラスティックに変えないと重量バランスを直せないかなぁ。

| | コメント (0)

2007/06/25

そろそろ固めたいなぁ。

顔に意匠が入ると全体が締まりますね!

最後に機首を修正しました。
やっぱりキャノピーは前を向いていた方が良いんじゃないかと思い、思いきり小さくしてみました。
各パーツの統一感は多少出たんじゃないかと思います。

Assembly0116

Assembly0412

Assembly0117

Assembly0413

| | コメント (0)

2007/06/24

続・あたま。

Ifdb_0011601c

こまごまと手を入れてみました。
左の四つ(b~e)は前回そのままです。
微妙に変えていますが、だんだん違いがわからなくなってきました(@_@)
dをベースにして「スパルタンな感じ」を意識しつつ手を入れ、最終的にこんな感じになりました。

Ifdb_ent0011601

| | コメント (0)

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »