« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015/12/31

下半身

脛パーツを作成し、太もも他の形状を調整しました。

少し太めな気もしますが、ライン的にはなかなか綺麗にできたんじゃないかと自画自賛しています( ̄ー ̄)ニヤリ
この調子で次は腕を作りたいと思います。

画像は、アバさんにもご登場いただきました。
アバさんは足が長いですねぇ~

2015123001_20142016_compare

2015年はイベントにも参加でき、とても良い年でした。
どうもありがとうございました。

来年2016年は2月7日(日)に幕張メッセにて開催されるWF2016[冬]への参加が決まっています。
来年もよろしくお願い申し上げますm(v_v)m

それでは、良いお年を!

| | コメント (0)

2015/12/30

胴体と太もも

胴体の前面(裸バージョン)が完成し、太もものモデリングをはじめました。

太ももは、とりあえず作ってみましたがラインにメリハリがないためか太ももに見えません…(;´д`)トホホ…
前回のバージョンではバランスは悪いものの一応太ももには見えたので、太ももらしく調整したいと思います。

画像は、前回(全高165mm)と今回(全高135mm)のモデルを並べてみました。
改めて、全高135mm(1/12スケール)はかなり小さいと思いました。
胴体は基本♀ブロックの小型化で何とか収まりましたが、頭と手首がかなり厳しそうです…

2015122901_20142016_compare

| | コメント (0)

2015/12/27

背中パーツ

背中パーツを作りました。

前回はRhinocerosというサーフェス系モデラを使って主な曲面を作成しSolidWorksでパーツに仕上げていましたが、今回は曲面の作成からすべてSolidWorksで作成しています。
Rhinocerosの方が曲面作成の自由度が高いのですが、構造を入れるために寸法を調整するのが難しかったです。
SolidWorksはパラメトリックドリブンなソリッドCADなので、形状作成に使った色々な寸法を変更して再計算することで形状を変更することができます。

基本的なパーツ構造や外観形状は前回まででほぼ完成していますので、サイズ変更による寸法調整にはSolidWorksの方が優れているのです。

2015122601

| | コメント (0)

2015/12/24

前回までのお尻・・・

ちなみに前回までのお尻は大きいというよりも、とんがってました(*^.^*)

2015122302_165mm

| | コメント (0)

2016版のリビルド開始しました

2015年も残すところあと一週間となりました。

そこで2016年版の「女の子Figure on Fi-Dia Block(s)」を作り始めました。
全高165mm(約1/10サイズ)である程度モデリングが済んでいましたが、やはり1/12だろうということで全高135mmで作り直しをしています。

まずは縮尺を下げることで一番問題になる「可動範囲を狭めずに、可動用部品を如何に収めるか」に重点を置いて作用を始めました。

今回のお尻は控えめです・・・

2015122301

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »