« あなたの準備はいかがですか? | トップページ | 金型への路(みち)・・・(踊り場^_^;) »

2016/02/27

幻の「Etc.002」は永久欠番か?

Fi-Dia Block(s)の全リビジョン、全パーツのデータをSTL化するべく過去の情報を調べていて、以前作ったハーフサイズフレームに「Etc.002」という名前を付けていたことを発見しました!

その時の記事はこちらです。

2009100901

このフレームを作ったことは覚えていましたが、きちんと「Etc.002」とナンバリングしていたことはすっかり忘れていました(^_^ゞ

当時はEtc.001「台座」フレームを作った直後でしたが、「高強度」かつ「低コスト」を目指して勢いでこの新フレームを作りました。

高強度」は形状の工夫と、材質をPC(ポリカーボネート)にして対応しました。
そのむかし「象が踏んでも壊れない!」と宣伝していた筆箱に使われた材質です。
強度が高く、透明性も良くて今でも多くの製品に使われている材料ですが、弾性が無いため♀ジョイントには向いていません。
この時はPCの特徴を活かすために「クリアブラック」で成形しました。

低コスト」は♀ジョイントを作らないことと、ハーフサイズフレームにすることで対応しました。
♀ジョイント部の製作には工数がかかり、精度の高い部品も必要なため、製造コストが高いのです。

♀ジョイントを作らなかったので、材質にPCを採用することができました。

PCを使えるので綺麗な透明色などABSでは難しいカラーバリエーションを展開できます!

ただ、トレジャーフェスタ in 有明2にて購入特典としてトライ品を配布したあと、そのまま忘れ去られてしまいましたが・・・(^_^ゞ

さてEtc.002は今後どうなるのでしょう・・・?
現時点でそれは「神のみぞ知る」です。

|

« あなたの準備はいかがですか? | トップページ | 金型への路(みち)・・・(踊り場^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたの準備はいかがですか? | トップページ | 金型への路(みち)・・・(踊り場^_^;) »