« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »

2016年1月24日 - 2016年1月30日

2016/01/28

アバさん、ふたたび

ふたたびアバさんにご登場いただきました。

こうして見るとアバさんはガチムチですね。

女の子フィギュアの方は・・・首が少し太いかなぁ。

2016012303_2016_compare

| | コメント (0)

2016/01/27

WF2016[冬] 参加しますよ~♪

63107

2016/2/7(日)に幕張メッセで開催されるWonder Festival 2016[冬]にDOUJIN HOOPS & T-Square Lab.で出展します。
卓番号は「6-31-07」です。

直径5mmのボールジョイントを採用したABS製ブロックトイを売ってます!

よろしく~(^_^)/~~~

| | コメント (0)

Fi-Dia Block(s) Ent.001 Fighting Sparrow 開発の思ひで

Fi-Dia Block(s) Ent.001【Fighting Sparrow】は飛行形態とロボット形態が完全変形(差し替え無しで変形)できる1枚構成のフレームです。

開発を始めたのは2007年5月頃でした。

テーマは「飛行機とロボの完全変形」「1枚のフレーム」でした。
既存パーツの余分なジョイントをカットしたり接着剤でくっつけたりしながらいくつか案を作成し、比較検討してベースとなる作例を決めました。
この段階では現物のフレームを使ってパーツ配置を検討しました(写真では一つパーツがはみ出していますねー)。

この案でテーマを満たせそうだということになり、3D-CADでモデル作成を始めました。

3Dモデルで変形時の干渉をチェックしたり、ブログに画像を公開してデザインのブラッシュアップを進めました。

ブログに初めて公開したのはこの記事(2007/5/30)です。懐かしいです~

製品形状がFIXしたのはこの記事(2007/6/30)ですから、開発状況の公開を始めてちょうど一ヶ月目でした。

その後金型の設計・製作を進め、最初のトライ成形をした結果がこの記事(2007/7/30)ですから、金型の製作期間もちょうど一ヶ月でした。

なお、当時の開発状況は当ブログのエントリー「FiDia(Ent)」でご覧いただけます!

こうして完全変形のFighting Sparrow(Fi-Dia Block(s) Ent.001)は完成しました。

2016年2月7日(日)に幕張メッセで開催されるWonder Festival 2016 [冬] 6-31-07 DOUJIN HOOPS & T-Square Lab.でもFighting Sparrowを展示・販売しますので、是非現物を会場でご覧下さい!

01

02

03

04

05

06

| | コメント (0)

2016/01/26

WF2016[冬] 販売品のお知らせ~♪

2/7(日)に幕張メッセで開催されるWonder Festival 2016 [冬]での販売品をお知らせします。

1. FDFA10a
2. FDF213f
3. FDFA13g
4. FDF215a【新作】
5. FDX07b Fighting Sparrow ファイティングスパロー(Fi-Dia Block(s) Ent.001)
6. 家ネコ feat. Fi-Dia Block(s)(Fi-Dia Block(s) Ent.002 )

DOUJIN HOOPS & T-Square Lab.の卓番号は「6-31-07」です。

会場でお待ちしております~(^_^)/~

Fdbent001skygray

Fdb_ent002

<2016.4.27一部修正>

| | コメント (0)

2016/01/25

面の滑らかさの確認方法

指先のモデリングをしてみました。

パラメトリック系のCADでは綺麗な面を作りづらい形状です。

2016012401_fingertip

曲面の連続性(隣り合う面がどれくらい滑らかに繋がっているか?)を調べるとき、簡単な方法として縞模様を投影するゼブラマッピングで表示します。
縞模様が折れ曲がっている場所がありますが、この場所は「接線連続」で滑らかに繋がっていることを表しています。

接線連続というのは「隣り合う曲面が接する場所の法線ベクトルの向きが同じ(ここでは面なので法線ベクトルと言っていますが、二次元で考えると「隣り合う線の接線ベクトルが真反対を向いている」と同じ)」状態のことで、G1連続と呼ばれます。

G1連続よりも滑らかな繋がりをG2連続(曲率連続)といい、「隣り合う曲面が接する場所の法線ベクトルの向きと長さ(曲率)が同じ」状態のことです。

さらにG3連続というのもあって、G2に対してさらに「法線ベクトルの長さの変化率も同じ」状態です…

文章だけで説明するのは難しいですねぇ。

興味がある方はWF2016[Winter] 6-31-07 DOUJIN HOOPS & T-Square Lab.卓に来ていただければ、説明しますよ!

以上、宣伝でしたm(v_v)m

| | コメント (0)

サイズと頭身の変更完了

頭頂高の変更(135mm=1/12スケールのフィギュアと同じくらい)と6頭身化がほぼ終わりました。

このモデルはあるフィギュア製作プロジェクトのベースとするために作ってきましたが、いよいよ意匠表現のための作業に入ります。

プロジェクトの内容は追々発表していきたいと思います。

2016012202_fig_std135

| | コメント (0)

2016/01/24

美容整形手術って大変・・・

「垂れているように見える・・・」

ということで、美容整形手術をしました。
改善できたと思うのですが、いかがでしょうか?

いやぁ、大手術でした(^_^ゞ

2016012201_fig_std135_bodyfront

| | コメント (0)

« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年1月31日 - 2016年2月6日 »